もうすぐ1年新聞記者奮闘記


蜜柑水

蜜柑水(みかんみず)は、静岡県浜松市を中心に大正時代?昭和時代にかけて、飲まれてきた清涼飲料水である。概要蜜柑水とは、仄かな甘味と酸味を加えた、爽やかであっさり味の清涼飲料水。主な原材料は、砂糖、果糖葡萄糖液糖、酸味料、香料、水等。製品名称に蜜柑名を用いるが、蜜柑味ではなく、無果汁である。特定メーカーのブランド商品ではなく、一般名詞的に複数のメーカーから発売されている。静岡県地方では、澤井飲料(廃業)を中心に駄菓子屋等の一般小売店で販売されていた。近年似たような清涼飲料水がファミリーマート等で「みかん水」という商品名でエルビーから発売されている。ただし上記の物とは多少異なり、みかん味の上に果汁が入っている。価格は105円。容器ラムネ瓶の様な特有の瓶を用いられる事はなく、三ツ矢サイダー等の廃版となった旧瓶を用いて生産していた。当時使用されていた瓶は、洗浄して再使用され、使用状態にもよるが、割れる迄使用されたと言われる。現在も、個々の飲料水メーカー毎で、使用される瓶形状が異なるが、一部では、ペットボトルも存在する。エルビーの「みかん水」の容器は紙パックである。脚注・参照関連項目ラムネサイダー清涼飲料水駄菓子木村飲料 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9C%9C%E6%9F%91%E6%B0%B4」より作成カテゴリ: ソフトドリンク | 駄菓子

初乗り500円申請認めず=タクシー会社に値上げ指導−近畿運輸局(時事通信)
連続女性殺害で69歳被告の死刑確定へ 最高裁(産経新聞)
<囲碁>プロ棋士の卵 厳しい修練に耐え、夢は世界トップ (毎日新聞)
首相動静(2月1日)(時事通信)
「怖くなって逃げた」 青森県の女子高生の自殺手助け 容疑で無職男を逮捕(産経新聞)
[PR]
by htenoa5uza | 2010-03-02 10:14

<< 北沢防衛相が平野長官に検討委で...      イノシシ大迷惑 滑走路に侵入し... >>

新聞記者で頑張る日々の記録
by htenoa5uza
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧