もうすぐ1年新聞記者奮闘記


「供給過大」の訴え退ける=府相手の基本水量訴訟−京都地裁(時事通信)

 京都府営水道から供給を受けている基本水量が過大だとして、同府大山崎町が府を相手取り、2007、08両年度の基本水量決定処分の取り消しと、過払い分の料金返還を求めた訴訟の判決が18日、京都地裁であり、瀧華聡之裁判長は請求をすべて退けた。
 大山崎町は、府と結んだ協定は固定費負担を伴う基本水量ではなく、町の権利枠について合意したものと主張。これに対し、府は基本水量について合意したものと反論していた。
 訴状などによると、大山崎町は1998年3月、1日当たりの配分水量を7300トンとする協定を府と締結。府は2000年度以降、毎年、協定に基づき同量の基本水量供給を決定した。
 しかし、06年12月就任の真鍋宗平町長は、07、08両年度分の供給水量を同3407トンとして申し込んだのに、府は以前と同様、同7300トンの供給を決定したとしている。 

【関連ニュース】
二審も監査法人の責任認める=東北文化学園大の補助金事件
山内衆院議員の元秘書再逮捕へ=融資名目で4000万詐取容疑
「訴訟への影響ない」=密約文書開示訴訟の原告側
県独自課税、二審は「適法」=条例訴訟、いすゞが敗訴
檜原村長の敗訴確定=再雇用職員の賃金訴訟

外交文書「30年で公開」、外務省が規則制定へ(読売新聞)
木工工場から出火、作業所や民家など7棟焼く(読売新聞)
アフリカ投資かたる2社、実名を公表(読売新聞)
室内に血痕なし=切断遺体の女性会社員宅−福岡県警(時事通信)
久保が勝ち2勝2敗=将棋棋王戦(時事通信)
[PR]
by htenoa5uza | 2010-03-23 13:09

<< <自民党>大島幹事長が平沼氏と...      <平野官房長官>前年度使用分の... >>

新聞記者で頑張る日々の記録
by htenoa5uza
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧