もうすぐ1年新聞記者奮闘記


パート女性“虎の子”貴金属1200万盗難(産経新聞)

 8日午後11時15分ごろ、茨城県守谷市薬師台のパート事務員の女性(60)から「自宅リビングの窓ガラスが割られている」と110番通報があった。県警取手署員が駆けつけたところ、1、2階の部屋が荒らされ、現金約26万円と指輪やネックレスなどの貴金属類やブランド物のバッグなど約110点(計1200万円相当)がなくなっていた。同署は窃盗事件として調べている。

 同署の調べによると、女性は1人暮らし。同日午前5時15分ごろ、日帰りで温泉旅行に出かけ、午後11時ごろ帰宅して被害に気付いた。

 同署によると、女性は10年ほど前に夫と死別。貴金属類はほとんど自分で買いためていたという。

新しい婚礼披露のかたち 拡大する1・5次会市場(産経新聞)
もんじゅ運転再開 感無量、職員ら拍手 「やっとスタート台に」(産経新聞)
鉄道撮り続け60年 広田尚敬の写真集が連続発売 レールのように終わりなく(産経新聞)
たちあがれ日本、中畑氏の擁立発表(産経新聞)
口蹄疫対策 宮崎県知事「政府は後手後手」 支援拡充を要望(産経新聞)
[PR]
by htenoa5uza | 2010-05-12 14:53

<< 米「杭打ち方式」に難色 普天間...      <日本創新党>設立届…「第三極... >>

新聞記者で頑張る日々の記録
by htenoa5uza
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧