もうすぐ1年新聞記者奮闘記


米「杭打ち方式」に難色 普天間移設 実務者協議始まる(産経新聞)

 【ワシントン=佐々木類】日米両政府は12日、国防総省で米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題に関する外務、防衛当局の審議官級協議を行った。日本政府が「政府原案を固めた」(防衛省筋)ことを受け、本格的な実務者協議がスタートした。

 日本側は、現行案で移設先となっているキャンプ・シュワブ沿岸部のある名護市辺野古周辺に杭(くい)打ち桟橋方式で代替施設を建設する修正案を米側に説明したもようだ。

 ただ、米側は杭打ち桟橋方式について、(1)テロへの対応が必要(2)工期が現行案より長期化する−などの理由で難色を示したとみられる。

 協議には、日本側から外務省の冨田浩司北米局参事官、防衛省の黒江哲郎防衛政策局次長らが、米側からはシファー国防次官補代理らがそれぞれ出席。12日朝から夕方まで7時間かけて、日本側提案の実現可能性などについて突っ込んだ議論を行った。

首相動静(5月12日)(時事通信)
「マネとモダン・パリ」展10万人突破(読売新聞)
国民投票法、18日に施行 自民、改憲案提出へ (産経新聞)
首相動静(5月13日)(時事通信)
JAYWALK中村被告に有罪=「覚せい剤依存明らか」−東京地裁(時事通信)
[PR]
by htenoa5uza | 2010-05-19 18:35

<< そのとき目撃者は…110番通報...      パート女性“虎の子”貴金属12... >>

新聞記者で頑張る日々の記録
by htenoa5uza
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧